So-net無料ブログ作成

読書の秋 vol.2 [本]

先月21日の投稿で、

佐伯泰英著、

空也十番勝負青春篇「恨み残さじ」(三巻目)を読み、

一巻から読み返しはじめたと書きましたが、

あっという間に読んでしまったので、

「三度目の殺人」を中に挟み、

今日から、「居眠り磐音 江戸双紙」

四度目の読み返しに入りました(^-^;



1.jpg



希望を胸に豊後関前に立ち戻った青年武士三人

磐音の親友・河出慎之輔が、いとも簡単に奸計に落ち、

なぜに小林琴平も見境をなくしたのか

・・と疑問に思いはするけれど、

これはイントロダクションなのでしょう[るんるん]


読み進むと、将来の主要な人物が登場してきます


まずは、金兵衛さんにおこんさん

そして幸吉に宮戸川の鉄五郎親方

今津屋さんと老分番頭の由蔵

品川柳次郎に武村武左衛門

等々


第一巻で主要キャストが勢ぞろい

今更ではありますが、微笑みをもって読み始めました


4回目の読み返し

全51巻だったかな?

当分の間、楽しめそうです[ぴかぴか(新しい)]






今朝は、久々にピンクのハイビスカスが咲いていました[グッド(上向き矢印)]



2.jpg




明日も、いい一日でありますように(^_^)/~







nice!(64)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

読書の秋 [本]

1.jpg



今週月曜日のこと、


家内と二人、有隣堂書店に立ち寄りました


・・・


目的は、グルメ関係の書籍を購入することでしたが


文庫本のコーナーを見ると


待ち望んでいた「空也十番勝負」


第三巻「恨み残さじ」が並んでいました[グッド(上向き矢印)]


・・・


当然に、迷わず購入


この本は、佐伯泰英著、全51巻に及ぶ


「居眠り磐音 江戸双紙」シリーズの続編


坂崎磐根の長男 空也の成長物語


二日間で読んでしまったので、


一巻から読み返し始めました


・・・


前作「居眠り磐根 江戸双紙」も


全51巻を三回読み返したけれど


そのたびに、新たな感動がありました


もう一度、読んでみようと思っています[るんるん]






今朝のハイビスカスです[ぴかぴか(新しい)]




2.jpg





3.jpg



明日も、いい一日でありますように(^_^)/~






nice!(58)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ガンバレ!! 猫月(ねこげ)さん!(^^)! [本]

2013013001.jpg

 

私が応援している漫画家の卵に、「猫月(ねこげ)」さんという方がいます

若いけれど、明るくて人柄も良く努力家です

 

このたび、集英社から、初めてコミックが発売されました!(^^)!

 

『飛火夏虫 HIKAGEMUSHI

漫画 猫月(ねこげ)[晴れ]

原作 皆藤黒助

20130131_220330.jpg

20130131_220419.jpg

 

『ことわざの意味を現実に発現してしまう異能力【言技】

瀬野大介は自らの言技【飛んで火にいる夏の虫】が原因で人と関わらずに生きてきた

そんなある日、誰とでも友達になれる言技【袖振り合うも他生の縁】を持つ少女・綱刈きずなと出逢ったことで、大介の生き方は変わり始めていく・・』

というようなストリー(^-^)

 

中を覗いてみると・・・こんな感じです

20130131_230954.jpg

20130131_214358.jpg

 

20130131_214530.jpg

 

ちなみに猫月(ねこげ)さんの座右の銘は

「人事を尽くして天命を待つ」とのこと

 

川崎駅周辺の本屋さんを覗いたら

新刊コミックのところに並んでいました(^-^)

2013013002.jpg

 

けっこう売れているみたいでしたよ

今後の活躍が楽しみです(^-^)

 

 

さて、本業に移ります(^^; 

 

いつもの「海ほう」

2013013003.jpg

 

今日も、国産の松葉です^^;

2013013004.jpg

2013013005.jpg

 

心おきなく飲める友と

リーズナブルで美味しいお酒を楽しみました!(^^)!

 

 

明日も、いい一日でありますように(^_^)/~

 


nice!(32)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

読書の秋・その2 [本]

20120926_005.jpg

 

今年は残暑が厳しく、かつ、花の咲く時期に台風の来襲

でも、やっと落ち着いたようですね

 

読書の秋!(^^)!

 

読書の秋」と題して前回アップしたのは

「神様のカルテ3」

 

実は、一巻から気になっていたのだけれど・・

主人公の「一止くん」が、常に身につけている本

 夏目漱石の「草枕」 

 

第三巻では、ちょっとした主役になっています

 

神様のカルテを読み返していた途中・・・

作者の意図を少しでも理解できたらなとの思いで

「草枕」を読んでみることにしました

 

 

「山道を登りながら、こう考えた。

知に働けば角が立つ。

情に竿させば流される。

意地を通せば窮屈だ。

とかくに人の世は住みにくい。

住みにくさが高じると、・・・」

 

と続く有名な書ですが・・・^^;^^;

 

思い返せば・・

この夏目漱石の書「草枕」

子供の頃、読もうとしたのですが、難解な語句や漢詩が多く

降参してしまったことを思い出しました

 

今回、最後まで読みましたが、やはり難しい!!

 

でも、情景の描写が素晴らしい・・・と思う^^;

  

「非人情」をテーマにしている・・・らしい・・

漱石の云う「非人情」とは・・・

「自らを客観的に見る視点

 世の中を、客観的に観る視点」

と考えていいのかなァ・・と感じました

 

私の読解力のレベルでは、難しすぎたようです

 

 

「神様のカルテ3」を読み返す前に

ちょっと読みやすい本をと思い

「つなぐ」を「つなぎ」のつもりで読んでみました

20121005_003.jpg

 

間もなく映画が公開されるようですが

原作は・・良かった!(^^)!

 

家内と映画を観に行くことに決めました

 

私は、一回目に読むときは、

どうしてもストリーを意識して、

先へ先へと読み焦ってしまいます

 

「つなぐ」も、もう一度読んでみるつもりです

 

 

今、「神様のカルテ3」を読み返しています

 一回目よりも、じっくり読んでいます

 

「草枕」の情景描写の手法・文体を大事にしていることを感じました

「非人情」を標榜しつつ・・

人一倍、現実の人情に生きている「一止くん」

そして、信州に生きる妻や仲間達

 

ほんのちょっぴり「草枕」をかじっただけですが

なんか、二回目は感動を新たにして読んでいます(^-^)

 

 

明日も、いい一日でありますように(^_^)/~

 


nice!(11)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

読書の秋!(^^)! [本]

 20120915_022.jpg

 

先日、友人から

 

「神様のカルテ」は読みましたか?

心が温まります。是非読んでみてください!

 

 というメールをもらいました(^-^)

 

調べたら、先月、三巻が発売されていましたので・・早速購入

 

一巻・二巻に増して、心にジワァーと来ました 

 

現在、二回目・読み返し中です(^-^)

 

 

 

話しは変わりますが・・ 

20120915_006.jpg

 

13日(木)のこと

大宮駅に立ち寄ったところ

東日本大震災の写真展をやっていました

20120915_007.jpg

 

埼玉県警察と福島県警察とが合同での開催です

20120915_001.jpg

20120915_005.jpg

20120915_002.jpg

  

 大震災の記憶を風化させないようにとの気持ちを込めて、

活動写真のほか、警察官の体験手記、インタビュー映像などを展示していました 

 

じっくりと見学させてもらいました

 

多くの方々に見てもらいたいものですね

 

 

明日も、いい一日でありますように(^_^)/~

 

 


nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー